6日午前8時55分ごろ、宮城県大崎市三本木音無山崎の「ラサ工業三本木工場」から、爆発があったと119番があった。消防によると、工場関係者の男性2人がやけどなどのけがをして病院に搬送されたが、命に別条はない。

 ラサ工業(東京)は化学メーカー。三本木工場は半導体向けの原材料などを扱っており、当時は稼働中だった。消防の現場到着時、炎は上がっておらず屋内に煙が充満していた。爆風の影響で工場の壁の一部が吹き飛んだという。消防によると、有害物質の漏出など周辺への影響はない。

 現場はJR古川駅の南西約9キロで、林に囲まれている。