ブリンケン米国務長官との電話会談を終え、取材に応じる林外相=6日午前、外務省

 林芳正外相は6日午前、ブリンケン米国務長官と電話会談し、在日米軍施設で発生した新型コロナの感染者集団問題に関し、地元の不安解消のため米兵らの外出制限を含めた感染防止策の強化を要請した。ブリンケン氏は、日本政府と協力して可能な限りの対策に取り組む考えを示した。両氏は、北朝鮮による5日の弾道ミサイルの可能性がある飛翔体発射を踏まえ、北朝鮮の完全な非核化に向けて緊密に連携する方針も確認した。

 クラスター問題を巡り、ブリンケン氏は「地域住民の健康と安全が重要だ」と指摘。在日米軍は、日米地位協定により米軍施設から入国する場合は日本側の検疫が免除される。