【香港共同】香港政府は5日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染の急拡大を防ぐため、米英など8カ国からの旅客機の着陸を8日から禁止すると発表した。

 8カ国は、米英のほかフランス、カナダ、オーストラリア、インド、パキスタン、フィリピン。これまで確認された100人以上のオミクロン株感染者の大部分がこれらの国からの入境者という。

 一方、香港でのコロナ対策も7日から再び強化する。飲食店内での午後6時以降の飲食を禁止するほか、香港ディズニーランドなどのテーマパークや博物館、バーなどが閉鎖される。