中学時代、ひょんなことから捕手を命じられた衣笠。当時から強肩で鳴らし、2年生では5番を打った

 ▽遊撃は1日で失格

 スポーツ万能。あらゆる競技に対して関心を持つ衣笠少年の気持ちが、いま野球一本に集中している。自宅から歩いて約5分、大谷本廟(びょう)の前方にある洛東中。当時、京都市内の中では強い野球部ではなかったが、いよいよ本格的に取り組むかと思うと、衣笠少年はさすがに身構えずにはおれなかった。