今回訪ねた寺社の御朱印。左から常栄寺、今八幡宮、洞春寺、古熊神社

 室町、戦国時代に威勢を誇った大名、大内氏ゆかりの神社仏閣が点在する山口市中心部。周遊観光の中心と位置付けられ、国内外から多くの観光客でにぎわってきたが、新型コロナウイルスの流行で遠方からの集客が難しくなっている。今年こそ収束し、再び町に活気を―。大内氏と関わりの深い4寺社を巡って参拝の証しの御朱印をもらい、コロナ禍や新年への思いを聞いた。