奈良県は4日、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者を5人確認したと発表した。このうち4人は海外渡航歴がなく、家庭内感染とみられる1人を除く3人を、県内初の市中感染確認とみている。

 県によると、5人は40~70代の男女でいずれも軽症。市中感染とみられるのは50代男性1人と60代女性2人で、昨年12月24~29日に発症した。