新型コロナウイルス対策で事実上のロックダウンに追い込まれ、閑散とする中国陝西省西安市内=2021年12月25日

 【ニューヨーク共同】国際政治上の危機分析を専門とする米調査会社ユーラシア・グループは3日、今年の「十大リスク」をまとめた報告書を公表した。トップには、新型コロナウイルスの徹底的な封じ込めを目指した中国の「ゼロコロナ政策」の失敗を挙げ、世界的な経済の混乱と各国の政情不安定化につながる可能性を指摘した。

 報告書は、中国のゼロコロナ政策は2020年に「信じられないほど成功した」が、今では「幅広いロックダウン(都市封鎖)と効き目が限定的なワクチン」で新変異株オミクロン株との戦いを強いられていると説明した。