「ツイッターで『闇バイト』を検索し、報酬が欲しくてやった」。国際宅配便を悪用した覚醒剤密輸事件で広島県警に逮捕され、その後不起訴処分となった広島市内の50代女性が中国新聞の取材に、事件に関わったきっかけは闇バイトの募集だったと証言した。一般市民が犯罪組織と会員制交流サイト(SNS)でつながり、組織の末端に組み込まれてしまう闇バイト。不正薬物の密輸にも広がっている実態が浮かんだ。

▶覚醒剤2・5キロ超を宅配便密輸 広島県警捜査

▶押収急増、ナッツ缶や自動車部品に隠す例