最新鋭の「グリーンムーバーエイペックス」

 広島市内を走る路面電車の次世代車両について、広島電鉄(中区)がこれまでの100%低床車に限定せず、価格が割安な「部分低床車」も選択肢としていることが分かった。背景にあるのは、資材高騰による車両価格の上昇。車両設計の発想を転換し、製造コストを抑えることで、継続的にバリアフリー車両を増やしていく考えという。

 広電によると、最新鋭の100%低床車「グリーンムーバーエイペックス」は2019年にデビューした当時は1編成3億8千万円、21年度購入分は同4億4千万円(予算ベース)。05年導入の「グリーンムーバーマックス」の3億2千万円に比べ、大幅に値上がりした。新型コロナウイルス禍で電車の乗客が3割近く減り、収益が落ち込む中、値が張る100%低床車を購入し続けることが難しくなっている。

 一方で、広電は本格的な高齢化社会を踏まえ、低床車は今後も増やしていく方針だ。低床車は、床の位置が地上約30センチと低く、電停との段差がないため乗り降りしやすい。平町隆典・電車事業本部長は「全車両に占める低床車の比率を現在の約34%から、10年後には50%以上に高め、日中の運行はほぼすべて低床車にしたい」と見通しを語る。

 どうすれば、コストを抑えつつ、バリアフリー車両を増やしていけるか。浮上したのが、車両設計の考え方の変更だ。

 グリーンムーバー系列の100%低床車の特徴は、左右の車輪を結ぶ車軸をなくした点。特殊な構造のため、製造費やメンテナンス費用が高い。これに対し、部分低床車は、車軸を持つ一般的な設計として価格を抑えつつ、車輪のない部分では床を低くする。

 平町本部長は「新型車両だけでなく、従来の床が高い車両を、部分低床に改造することも考えられる。そうすれば、バリアフリー車両を増やすペースを早めることができる」と語る。

 ▼部分低床の鍵は…

 もっとも、日ごろ路面電車を利用する人なら、疑問に思うかもしれない。通常なら、降りる電停が近づくとあらかじめ車内を移動し、運転士か車掌のいる扉まで行く。車内の通路に段差のある「部分低床車」では、バリアフリーとは言えないのではないか―。