沖縄本島の米軍キャンプ・ハンセン

 政府は23日、米海兵隊キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)問題に関連し、米国出国時にPCR検査を実施していない在日米軍基地がキャンプ・ハンセン以外にもあることを確認した。米軍基地の入国時の検査状況に関する調査結果を早ければ24日にも公表する方向で調整中だ。複数の政府関係者が明らかにした。沖縄県の玉城デニー知事は米側の対応を「言語道断だ」と批判した。

 首相官邸筋は当初、在日米軍全体が検査未実施だったと記者団に説明したが、その後「現時点では調査中だ」と訂正していた。