キャリアデザインゼミは2019年の秋に発足した学生団体です。現在は4年生3人、3年生2人、2年生12人、1年生6人が所属しています。卒業生15人や、顧問の先生の指導の下、活動を行っています。

 理念は“挑戦、成長、enjoy”です。学生それぞれが「なりたい自分」になるため、就職活動の支援やキャリアを積める環境を提供しています。学部を超えて学生が集まる団体だからこそ、将来に向けた思いを語り合い、それぞれの夢に向かって切磋琢磨(せっさたくま)できるようです。

 平日は、福山大未来創造館の自分未来創造室で、プレゼン大会の開催や、2月に開かれる社会人基礎力グランプリ出場に向けた準備を毎日行っています。このグランプリでは、福山市の「子ども食堂」の実態調査とイメージ改善をテーマに取り上げるそうです。テーマが決まったころから、卒業生や教員、外部講師の意見を取り入れ、事前調査とフィールドワークに力を入れています。社会人基礎力グランプリでの初出場、初入賞を目指しています。(5年・道原あやな)

▽リーダーの人間文化学部心理学科2年・藤本悠太さん(20)

 キャリアデザインゼミは、学生同士が学部の垣根を越え、「なりたい自分」に近づく場所です。新型コロナウイルス禍だからこそ、自分たちでスケジュール管理を徹底し、現在まで活動を続けてきました。団体としても、一人の人間としても、成長し合える仲間とともに、社会人基礎力グランプリで実績を残したいと考えています。

プレゼン大会の開催などについて話し合うメンバー