「一日でも早くオープンしたい」。自身が経営する店の前で再開に向けた思いを語る伊藤さん

 JR広島駅西側の飲食店などが連なる通称「エキニシ」(広島市南区)の大規模火災から10日で3カ月を迎えた。焼損した店舗の改修工事が始まる見通しとなった一方、新型コロナウイルス対応で年初から広島県内全域に「まん延防止等重点措置」が適用され、飲食店にとっては苦境が続く。それでも店主たちは内装を考えたり、新メニューを練習したり。顧客の温かい支えを胸に再開への準備を進めている。