エマニュエル氏(ゲッティ=共同)

 日米両政府が調整していた米国のエマニュエル駐日大使の26日の被爆地広島訪問が見送りとなったことが23日、分かった。緊迫さを増すウクライナ情勢を踏まえた判断で、3月以降で再調整する見通しだ。同行を計画していた岸田文雄首相(広島1区)は東京都内にとどまり、危機管理対応に専念するという。