山口県庁

 山口県で11日、新たに300人の新型コロナウイルス感染が確認された。

 居住地は下関市122人、宇部市46人、山口市29人、下松市20人、周南市19人、防府市15人、萩市13人、岩国市9人、山陽小野田市と田布施町が各6人、美祢市3人、長門市、周防大島町、福岡県が各2人、柳井市、光市、平生町、上関町、阿武町、千葉県が各1人。

 県は、山陽小野田市の学校の部活動と就学前施設でそれぞれクラスターを認定した。また、入院していた70代男性が亡くなり、死者は計108人となった。

▶【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

▶山口県で326人感染、防府市の学校や宇部市の施設でクラスター 10日新型コロナ

▶園児マスク、割れる現場 医師「ウイルス排除が鍵」