白煙を上げて燃える民家(8日午前11時56分、福山市鞆町)

 8日午前10時半ごろ、福山市鞆町鞆の国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)にある無職女性(94)方から出火、木造2階建て延べ約470平方メートルを全焼した。周辺の建物2棟の壁なども焼けた。福山南消防署鞆出張所などによると、女性は出火当時家におり額などに軽いやけどを負った。

 2017年11月に重伝建の指定を受けて以降、地区内で建物被害が絡む火災は19年1月に続き2例目。市文化振興課によると、今回被災した建物はいずれも伝統的建造物ではなかった。近くの無職男性(77)は「風がなく大規模に火が広がらなかったが、鞆の街並みに大きな影響が出ていたかもしれないと思うと怖い」と声を落とした。

▶【写真】重伝建で白煙を上げる民家