広島南署

 広島南署は2日、息子の小学男児に繰り返しエアガンを発射したとして、広島市南区の会社員男(37)を暴力行為法違反(常習暴行)の疑いで逮捕した。男児の体には複数のあざなどが確認されており、同署は、男が日常的に虐待していた疑いがあるとみている。

 逮捕容疑は、昨年6月中旬から今年1月5日ごろまでの間、自宅で3回にわたり、息子の10代男児に向けてエアガンを発射してプラスチック製のBB弾を顔などに当てる暴行を加えた疑い。「子どもに向けて撃っていたことに間違いない」と容疑を認めているという。同署は被害者の特定を防ぐためとして男の名前を明らかにしていない。

 市児童相談所(東区)によると、1月6日に男児への虐待に関する情報提供があった。男や男児から事情を聴き、14日に同署に連絡。男児を保護した。

▶児童相談所への情報提供が端緒 相次ぐ虐待事件、通報の重要性増す

▶乳児への暴行容疑で両親逮捕 安佐南署

▶民法、子への「懲戒権」削除へ 体罰禁止を明記、改正要綱案