「清水町先生」

交流の逸話におかしみ