ぷかぷかと綿菓子わたがしのようだったり、びっしりならんだヒツジのれにえたり、ときにはそらくらにしたり…。そらかぶくもなにからできているか、っていますか?

 材料ざいりょうになっているのは、うみかわみずうみなどにあるみず蒸発じょうはつした「水蒸気すいじょうき」です。くもは、ちいさなみずこおりつぶあつまってできているのです。

 モクモクとおおきなくもなかには、みずつぶがぎっしりあつまっています。ぎゅうぎゅうめで太陽たいようひかりとおさないため、したから見上みあげるとくもくろえます。そんなときは、ザーッとつよあめってきますから、建物たてものなかはいりましょう。

 ここでクイズです。くもからってくるあめつぶは、どんなかたちをしているでしょうか?

たまご ②にくまん ③キノコ ④フランスパン

 

 くもなかちいさなみずつぶがくっつきあうと、ひとひとつがおおきく、おもたくなってきます。おもたくなるといていることができなくなり、地上ちじょうちてきます。これがあめです。

 みずつぶは、はじめのうちはまんまるですが、ちてくる途中とちゅう空気くうき抵抗ていこうけます。すると…、した部分ぶぶんだけがペちゃっとつぶれます。まるで、コンビニエンスストアにならにくまんのようなかたちに。

 というわけで、クイズのこたえは②でした。ほかにも「アンパンがた」とか「おまんじゅうのよう」などとたとえられますよ。

 あめつぶはとてもちいさくて、直径ちょっけいが2~5ミリほど。もっとおおきくなると、ちぎれて分裂ぶんれつします。ちいさなちいさなにくまんがたで、そらから10分ほどかけて地面じめんちてきています。

 あめには、大切たいせつ役割やくわりがあります。んぼのいねはたけ野菜やさい、おはななどをそだてます。あめらないと、わたしたちがみずや、生活せいかつ使つかみずりなくなってしまいますね。

 でも、あめおおぎるのもこまります。かわみずがあふれたり、やまくずれたりする災害さいがいきることがあります。「梅雨つゆ」は、あめがたくさん季節きせつです。例年れいねんなら7がつ19にちごろまでつづきます。

気象きしょう予報よほう勝丸かつまる恭子きょうこ