そらのつきあたり くもかたちからつけよう

<2021年8月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より>

外側そとがわ水滴すいてきがついたガラスコップ

 あつい8がつつめたいこおり使つかって実験じっけんをしてみませんか?

 ガラスコップのなかに、こおりれていておきましょう。時間じかんがたつと、まるでコップがあせをかいたように、外側そとがわ水滴すいてきがたくさんついているはずです。この水滴すいてきはどこからきたのでしょうか。

 わたしたちをかこ空気くうきなかには、えないけれどたくさんのみずかくれています。姿すがたかくしているあいだは「水蒸気すいじょうき」とばれます。空気くうきえると姿すがたあらわして、える水滴すいてきになります。

 さきほどの実験じっけんでは、つめたいコップにれた空気くうきえて、コップのそとにたくさんの水滴すいてきがつきました。

 これはくもができる仕組しくみとおなじです。水蒸気すいじょうきをたくさんふくんだ空気くうきそらたかのぼっていくと、空気くうきやされて水蒸気すいじょうき姿すがたあらわし、えるみずつぶになります。このみずつぶあつまりがくもです。 

 そらうえかってかぜいきおいがつよいほど、もくもくとたかくもができます。なかでも特大とくだいはくりょくがあるのが入道雲にゅうどうぐも正式せいしき名前なまえを「積乱雲せきらんうん」といいます。夏休なつやすみのころは日差ひざしがつよく、積乱雲せきらんうんができやすい季節きせつです。あつのおひるすぎから夕方ゆうがたにかけて、観察かんさつしてみましょう。

 でも、たか積乱雲せきらんうんも、どこまでも成長せいちょうできるわけではありません。よく観察かんさつしていると、普段ふだんえない「そらのつきあたり」を発見はっけんすることができます。

飛行機ひこうきからくも。てっぺんがよこひろがっている

 そらはどこまでもたかひろがっているようにえますが、くもができる範囲はんいまっています。わたしたちのいる地上ちじょうから、たかさ15キロくらいのところまで。飛行機ひこうきたかさが10キロ前後ぜんごです。なつにできる積乱雲せきらんうんたかさ10キロ以上いじょうまで成長せいちょうします。とても日差ひざしがつよあつだと、成長せいちょうまらず…。それ以上いじょうびることができないところまでくると、写真しゃしんのようにてっぺんがよこひろがっていくのです。わたしはこれを「そらのつきあたり」とんでいます。

 すうねんまえ、つきあたりまで成長せいちょうしたくも飛行機ひこうきなかからることができました。いま飛行機ひこうき機会きかいすくないですが、したからながめるチャンスはいつでもあります。とおくに積乱雲せきらんうんつけたら、そらのつきあたりがえないかなとワクワクします。

気象きしょう予報よほう勝丸かつまる恭子きょうこ