あささむいといいことが!? 昼間ひるま 太陽たいようひかり たっぷり

<2021年11月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より>

 早起はやおきは得意とくいですか? わたしどものころ、目覚めざまし時計とけいっても、ちっともきられませんでした。いま朝早あさはや仕事しごとかなくてはいけないので毎朝まいあさきていますが、お布団ふとんなか大好だいすきです。

 あさんで、お布団ふとんからるのがつらくなる季節きせつです。でも、よくれて空気くうきがキーンとつめたくなるほど、昼間ひるまがポカポカでごしやすくなりますよ。

 地球ちきゅう昼間ひるま太陽たいようからねつをもらってあたたかくなります。太陽たいようしずんでよるになると、昼間ひるまにもらったねつそらけてげていきます。ねつげてえることを、むずかしい言葉ことばですが「放射冷却ほうしゃれいきゃく」といいます。

昼間ひるまねつよるげてえる「放射冷却ほうしゃれいきゃく」のイメージ

 太陽たいようしずんでからつぎ朝日あさひのぼるまで、どんどんねつげて気温きおんがります。朝日あさひのぼってくると、また太陽たいようねつけて気温きおんがりはじめるのです。ですから、たいていは朝日あさひのぼ直前ちょくぜんが一にちなか一番いちばんさむくなります。  

くもがあるとねつげにくい

 ところがよるあいだそらくもっていると、あさ、あまりみません。くもがまるで布団ぶとんのような役割やくわりをして、ねつげにくくなるのです。ぎゃくくものないよくれたよるは、布団ぶとんなしでているようなもの。どんどんって、とてもさむあさになります。さむあさくものないあさ。ということは、昼間ひるま太陽たいようひかりがたっぷりそそいであたたかくなる―、というわけです。

 あきわりからふゆはじめにかけて、れてポカポカするを「小春日和こはるびより」とびます。むかしひとが、「まるではるのようだ」といって名付なづけました。特別とくべつさむくてお布団ふとんからるのがつらいあさは、「小春日和こはるびよりになるぞ」とおもしてがんばってみてください。

 さむあさにしかられないすてきな景色けしきもあります。「雲海うんかい」です。れてんだあさとくやまあいの地域ちいききりることがあります。このきりやまうえからながめると、まるでくもうみひろがっているようにえるのです。

三次市みよしし雲海うんかい朝日あさひです

 わたしは、三次市みよしし雲海うんかいたことがあります。夜明よあまえしろひろがるくも見下みおろしていると、やがて朝日あさひのぼって、あたりがあかまりました。早起はやおきのつらさも、さむさもわすれてしまうような光景こうけいでした。

気象きしょう予報よほう勝丸かつまる恭子きょうこ