うごきだす季節きせつ さくら開花かいか観察かんさつしよう

<2022年3月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より>

 3がつになりました。足元あしもとにタンポポのはないたり、みみをすませば「ホーホケキョ」というウグイスのこえこえはじめたりする季節きせつです。ものたちがうごきだしました。わたしたちも、はるさがしにそとへでかけてみませんか?

 今月こんげつわりごろにはさくらはな季節きせつがやってきます。ピンクのはなくと、一気いっきまちあかるくなるようで、わたし毎年まいとしわくわくします。

 さくら開花かいかは、としによってはやかったりおそかったりしますね。じつは、あたたかければあたたかいほどはやくというわけではありません。その証拠しょうこに、あたたかいはずの鹿児島かごしま高知こうちよりも、東京とうきょうほうはやとしがあります。一体いったいなにが、さくら開花かいか影響えいきょうしているのでしょうか。

 さくらはななつにできて、ねむりについています。そしてふゆあいださむさにさらされるとパチっとまします。むずかしい言葉ことばですがこれを「休眠きゅうみん打破だは」とびますよ。

 ふゆさむくてしっかりめているとしは、はるあたたかくなると順調じゅんちょうはなひらきます。ところがふゆがあまりさむくないと、「休眠きゅうみん打破だは」がしっかりできません。ボンヤリとしかめていないので、あたたかくなってもなかなかはなかないのです。みなさんも、スッキリ気持きもちよく目覚めざめたあさと、ボンヤリとしか目覚めざめていないときでは、がってからのからだうごかたちがいませんか? さくらおなじなのですね。

 平年並へいねんなみなら広島市ひろしましでは3月25日、下関市しものせきしは26日、岡山市おかやましは28日、松江市まつえし鳥取市とっとりしでは29日に開花かいかします。それぞれの気象きしょうだいで、基準きじゅんにするさくらめて「標本木ひょうほんぼく」とんでいます。その毎日まいにち観察かんさつし、5、6りんはないたら「開花かいか」。すると、テレビのニュースや新聞しんぶんでも一斉いっせい紹介しょうかいされます。

 みなさんも、ちかくにあるさくら一本いっぽん、「マイ標本木ひょうほんぼく」にめて観察かんさつしてみてはどうでしょうか。かたじたはながぷっくりふくらみ、そのさきっぽにピンクがのぞきはじめたら開花かいかまであとすこし。きっと、いつものとしよりもさくらはなたのしみに、きれいにえるのではないかなとおもいます。

かたじたさくらはな
ぷっくりふくらむ
ピンクがのぞきはじめる
開花かいか

気象きしょう予報士よほうし勝丸かつまる恭子きょうこ