微化石びかせき姿すがた 太古たいこ時代じだい環境かんきょう推測すいそく

 みなさんは、化石かせきというとなにおもかべますか? 有名ゆうめいなものとしては、恐竜きょうりゅうやアンモナイトがありますね。今回こんかいはこれら大型おおがた化石かせきからははなれ、えないくらいちいさな「微化石びかせき」の世界せかいをのぞいてみましょう。

走査そうさがた電子でんし顕微鏡けんびきょう撮影さつえいしたコケムシのコロニーの化石かせき白線はくせんながさはすべて0.5ミリ)

 微化石びかせきは、動物どうぶつ植物しょくぶつなどさまざまな種類しゅるいがあります。おおきさはすうミリ以下いかで、1ミリよりちいさなものもめずらしくありません。じつ化石かせきなかもっとかずおおく、世界せかいじゅうのいろいろな時代じだいからつかっています。こうした微化石びかせきうつわりを調しらべると、何千なんぜんなんおくねんまえ時代じだい環境かんきょう推測すいそくすることができるのです。

 微化石びかせきとしてつかるものなかには、世代せだい交代こうたいしながら現在げんざいきている種類しゅるいもいます。たとえば、ホシズナやタイヨウノスナという有孔虫ゆうこうちゅう仲間なかまたちは、お土産みやげでおなじみの「ほしすな」の正体しょうたいあたたかいうみらしています。

 貝殻かいがらいしころの表面ひょうめん付着ふちゃくするコケムシも、北海道ほっかいどうから沖縄おきなわまでのうみみずうみ生活せいかつしています。1ミリ以下いかのコケムシが増殖ぞうしょくし、からだおおきさのすうばい数千倍すうせんばいのコロニー(集団しゅうだん)をつくります。

 コケムシの種類しゅるいによって、コロニーのかたちはサンゴやコケのようになります。そのなかで、コケムシたちはたまごそだてたり、掃除そうじをしたり、外敵がいてきはらったりといった役割やくわり分担ぶんたんをすることもあります。こうしたコケムシの微化石びかせき顕微鏡けんびきょうでのぞいてみると、1ミリ以下いか世界せかいでありながら、ずいぶん複雑ふくざつ姿すがたをしていることがかります。

 微化石びかせきおおきな化石かせきにもけをらないほどおおくのことをおしえてくれます。このようなちいさなえんした力持ちからもちたちをさがしてみるのも、おもしろいかもしれませんね。

(5-Daysこども文化ぶんか科学館かがくかん学芸員がくげいいん二井谷にいたに茉美まみ)

※2019年7月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より