錦帯橋の構造を説明する海老崎さん

 岩国市の錦帯橋が国名勝に指定され、8日で100周年になる。年間約60万人が渡る木造のアーチ橋は、観光だけでなく生活にも使われている。風雨にもさらされて腐朽は避けられず、架け替えや補修が繰り返されてきた。5橋からなる市民のシンボルは、江戸期の職人たちから連綿と技術や思いを受け継いできた証しでもある。