備後庄原駅に到着した高速バスのトランクルームから降ろした食パンを運ぶ水間さん(左)

 三次市と庄原市を結ぶ高速バスに第三者の商品を載せて販売先の最寄りの駅やバス停まで運ぶ「貨客混載」の試みが8日始まった。備北交通(庄原市)や、三次の食パン店から仕入れている庄原の小売りなど4団体が参加。14日まで1日1便で行い、物流面で既存の公共交通をうまく活用できないかを探る。