鳥取県庁

 鳥取県と鳥取市は7日、新たに56人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。60人を下回るのは1月17日以来で、49日ぶり。

 地域別では、同市など県東部での確認が33人、県中部が8人、県西部が15人。県西部は1月15日以来、51日ぶりに20人を下回った。

 県は6日までの1週間に発表した感染者754人の内訳を公表した。推定感染経路は、家庭内が50・1%の378人と高止まりしているほか、教育・児童施設が73人、職場は48人。居住地は鳥取市が最多の294人(39・0%)、米子市200人、倉吉市58人などとなっている。 

▶鳥取県内、オミクロン変異「BA・1・1」が大半 感染者数下げ止まりの要因か

▶【グラフ】鳥取県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

▶ニュースレターなど「中国新聞メルマガ」お申し込み◀