東日本大震災の発生から11日で11年となる。震災を教訓とし、国や自治体は災害対策の在り方を見直してきた。発生時にとりわけ大事なのは、私たち一人一人の的確な判断だ。突然襲ってくる地震から命を守る行動を取るために、ぜひ活用したいのが緊急地震速報。最大震度5弱以上の揺れが見込まれる場合に発表される。地震を素早く知らせる仕組みを紹介する。(浜村満大)