雪崩事故から5年を前に開かれた追悼式で、公開された慰霊碑を見つめる遺族=26日午前、栃木県大田原市の県立大田原高

 栃木県那須町で2017年3月、登山講習中の県立大田原高(大田原市)の山岳部員7人と教員1人が雪崩で死亡した事故が27日に発生5年となるのを前に、同校で26日、追悼式が行われた。参列した遺族たちはまぶたを押さえながら亡き子に思いをはせ、1分間の黙とうをささげた。校内に「那須雪崩事故を忘れない」の文字が刻まれた慰霊碑が建立され、公開された。

 追悼の辞で、犠牲になった2年生鏑木悠輔さんの母恵理さん(54)は「あなたたち8人は私たちにとって一人一人かけがえのない大切で光り輝く宝物」と述べた。

 慰霊碑は遺族を交えた建立委員会が、事故の風化防止などを目的に設置した。