新藤兼人監督

 広島市佐伯区出身の新藤兼人監督(19122012)の生誕110年を記念した特集上映が13日、中区の市映像文化ライブラリーで始まる。約50作品を11月まで2期間に分けて紹介。原爆や貧困、家族などをテーマに描いた新藤作品の魅力をたどる。