森下の脳裏には、バンテリンドームナゴヤで味わった昨季の屈辱が刻まれている。9月14日の中日戦。自己ワーストの6失点と打ち込まれていた。「自分が投げきれなかった。会沢さんに本当に申し訳ない」。先発でのコンビは昨年、この日を最後にわずか3試合で解消となった。