広島市立の小中学校で、制服の性別ルールを緩和する動きが広がっている。性別にとらわれない「ジェンダーレス」や寒さ対策などの観点から、さまざまな児童生徒の希望に柔軟に対応する目的。女子向けのスラックスを用意するなど各校は工夫を凝らす。男子はズボン、女子はスカートとの原則をなくした中学校は半数を超す。(小林可奈)