あなたのための短歌集

 依頼者から受け取ったお題をもとに、歌をつくる。個人が抱える苦しみや心細さに、そっと手を当てるような言葉を選び抜く。山口県周南市出身の歌人、木下龍也さん(34)=東京都=は「短歌の個人販売」という手法で歌を届けてきた。その一部を収録した「あなたのための短歌集」(ナナロク社)が、歌集では異例の増刷を重ねる。たった一人に差し出された歌なのに、なぜか心に染み込んでくる。人は、生きるための言葉を欲しているのだと気付かされる。(編集委員・木ノ元陽子)