山口県は、岩国市錦町の宇佐川に生息する国の特別天然記念物オオサンショウウオの保護などを検討してきた専門家委員会を解散した。砂防ダムのしゅんせつ工事に伴って一時保護し、放流した計119匹が問題なく成長、定着しているため、委員会の目的を達成したと判断した。