違和感を覚えたのは二回の投球練習中だった。マウンドに立つ森下の姿は何かが違う。バックネット裏の記者席から目を凝らす。そしてハッとした。三塁側だったプレートを踏む位置がスパイク1足弱分ほど一塁側に寄っている。「何とか二回から立て直すことができた」。今季初の完投勝利につながった肝だろう。