日本ではじめててんほう発表はっぴょうされたのは、いまから140ねんほどまえ1884年、めいだいのことです。それよりもむかしひとたちはどうやって、あしたの天気てんき予想よそうしたのでしょうか? 天気てんきがわからないとこまるのは、農業のうぎょうをする人や漁師りょうしさんたちだけではありません。じつは、「忍者にんじゃ」も、天気てんきをとてもにしていました。

 忍者にんじゃ暗闇くらやみにまぎれてしのみ、だれにもつからないよう行動こうどうしなければいけません。それなら、つきかりのないよる安心あんしんです。ひかりがあると自分じぶんかげびてづかれてしまう心配しんぱいがあるからです。自分じぶんのにおいで相手あいてづかれることもあるので、風上かざかみではなく、風下かざしもうごきます。「あめかぜることは、忍術にんじゅつのかなめである」といわれるほど、天気てんき重要じゅうようだったのです。

 忍術にんじゅつをまとめたほんには、「風雨ふうううらない」として天気てんき予測よそくする方法ほうほうがたくさんかれています。たとえば「ほしひかりらいでまらず、のまばたきのようであれば、三日以内いない大風おおかぜく」とか、「蜘蛛くも朝露あさつゆがついたられ」など。

 こうしてそらもの様子ようす観察かんさつし、そこから天気てんき予想よそうすることを「かんてんぼう」といいます。みなさんも、「ゆうけはれ」とか「つばめがひくぶとあめ」といったことわざをいたことがないでしょうか? 忍者にんじゃだけでなく、むかしひと自然しぜんをよく観察かんさつして、これから天気てんきがどうなるかを予測よそくしていたのです。

 わたしたちも、そらもの様子ようす観察かんさつしてみましょう。たのしい発見はっけんがたくさんあります。そして、「あめかたがいつもとちがうな」といったことにづきやすくなるはずです。(イラストも)

 かつまる・きょうこ しょうほうぼうさい1980年、ひろしまけんかいちょうまれ。2010年にNHKひろしまほうそうきょく気象きしょうキャスターに。現在げんざい「おはようひろしま」「おはようちゅうごく」「ひるまえちょくそう便びん」を担当たんとうだいのカープファン。