開幕前、小園は自分を疑っていた。周囲からさらなる飛躍を期待される4年目。「もちろん不安の方が大きい。打てるかなと」。3番を任され、打率は1割台。目の前に大きな壁が立ちはだかる。