床田(手前)と言葉を交わす高橋コーチ(撮影・河合佑樹)

 広島の投手陣が開幕から好調を維持し、リーグトップのチーム防御率2・32をマークしている。要因の一つは、新任の高橋投手コーチが打ち出したストライク勝負が浸透したこと。「1軍で投げる投手はもともと力がある。彼らが本来の力を出してくれている」。粒ぞろいの選手を尊重し、「教えすぎない指導」もはまっている。