有識者検討会であいさつする国土交通省の担当者

 国土交通省は18日、地方鉄道の在り方に関する第3回の有識者検討会を開いた。JR西日本が自社単独での維持が難しいとする路線名や収支を公表したことについて議論が集中。人口減少や新型コロナウイルス禍による利用者減が背景にあるが、委員からは「地域の実情を考慮するべきだ」などの声が相次いだ。