広島ガスでシーズン終了の報告会に臨んだ竹内(撮影・大川万優)

 スノーボード女子パラレル大回転で2月の北京五輪に出場した竹内智香(広島ガス)が20日、広島市南区の同社でシーズン終了の報告会をし、現役を続ける意向を明かした。「(2020年夏の競技復帰時は)1年半限りと決めていたが、こんなにも競技を楽しむことができて充実する日々になるとは思ってなかった。今は競技をやめることが少しもったいないと感じている」と話した。