穴掘あなほりチャンピオンは? 強力きょうりょく前足まえあしのモグラ

<2017年7月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より>

 今回こんかい地中ちちゅうでの能力のうりょくてみよう。ただ、ひとちょくせつることができない地中ちちゅうなので、あなおおきさやるスピードを正確せいかくはかったり、比較ひかくしたりすることはとてもむずかしくデータもすくない。また、跳躍力ちょうやくりょくおなじくからだおおきさとの関係かんけい土質どしつかんがえなくてはならず、わたし見聞みききした「印象いんしょう」とならざるをない。

 つくるため穴掘あなほりをする動物どうぶつおおく、キツネやアナグマ、トビウサギなどはとてもながあなる。昆虫こんちゅうのアリもそうだ。しかし、なんといっても穴掘あなほりの専門家せんもんかといえば、一生いっしょうのほとんどが地中ちちゅう生活せいかつで、まえあし使つかってあなるモグラやヒミズの仲間なかま前歯まえばるハダカデバネズミの仲間なかまなどだろう。

 そのなかでも、モグラは前足まえあし強力きょうりょくなスコップのように発達はったつしていて、ながいトンネルをり、えさのミミズを一にち体重たいじゅうおなじくらいべる。

穴掘あなほりにてきしたコウベモグラの前足まえあし

 わたし近所きんじょの、舗装道路ほそうどうろはさまれたコンクリート水路すいろ水抜みずぬあなから出入でいりするモグラをたことがある。そこは一番いちばんちかいとおもわれるモグラの生活せいかつ場所ばしょから、舗装道路ほそうどうろいえ横切よこぎって、距離きょりで30メートル、ふかさで3メートルもはなれたところだが、モグラには朝飯あさめしまえ穴掘あなほ仕事しごとだ。またアスファルト舗装ほそう縁石えんせきげてトンネルを10メートルもっているのもた。

 ところで、アフリカにひとほどのおおきさのツチブタという、シロアリをべる動物どうぶつがいる。前足まえあしにはおおきなつめがあって、穴掘あなほりも得意とくいだ。めずらしい動物どうぶつだが安佐あさ動物公園どうぶつこうえんが1971ねん開園かいえんしてもないころにっていた。

 あるとき動物どうぶつ病院びょういん入院にゅういんして、つち運動うんどうじょうしたところ、いきなりあなはじめた。ツチブタのおおきなからだが、まるで泥沼どろぬましずむようにあたまからかくれていく迫力はくりょくおもわずとれてしまった。しかし、すぐにわれにかえって、3ふんの2ほどしずんだところで、ふとをつかんで、ちからいっぱいした。もし、あのままにしておけば、きっとすには重機じゅうき必要ひつようになったかもね。

広島市ひろしまし安佐あさ動物公園どうぶつこうえんもと園長えんちょう福本ふくもと幸夫ゆきお