「バイオミメティクス(生物せいぶつ模倣もほう)」という言葉ことばいたことがありますか。生物せいぶつまなび、生物せいぶつ特徴とくちょうをまねてあたらしいものをつく科学技術かがくぎじゅつのことです。

 生物せいぶつをまねるかんがかたふるくからありました。いまから500ねん以上いじょうまえに、レオナルド・ダビンチは、とりかた観察かんさつして飛行機ひこうき設計せっけいえがきました。やく200ねんまえのイギリスでは、フナクイムシが木造船もくぞうせんあなける様子ようすをまねて、トンネルを安全あんぜんすすめる「シールド工法こうほう」という技術ぎじゅつ開発かいはつされました。わたしたちの生活せいかつには、生物せいぶつかたちうごきからヒントをまれた技術ぎじゅつがすでにたくさん使つかわれています。

 そして現在げんざいも、さまざまな分野ぶんやでバイオミメティクスの研究けんきゅうすすんでいます。水中すいちゅうをすいすいとおよぐサメ。すくないちからはやすすむことができるのはなぜでしょうか。

 その秘密ひみつは、サメはだばれるザラザラした皮膚ひふにありました。サメの皮膚ひふ表面ひょうめんには、あたまからかってえないほどこまかいギザギザのみぞがあります。このみぞが、皮膚ひふちかくで渦巻うずまみずながれ(乱流らんりゅう)をうまくととのえてくれます。そして、みずをすっとうしろへながすことでスムーズにまえすすむことができるのです。

篠原現人、野村周平編著「生物の形や能力を利用する学問バイオミメティクス」(東海大学出版部)から

 サメはだのつくりを応用おうようして、生地きじにギザギザのみぞけた競泳きょうえいよう水着みずぎつくられました。2000ねんのシドニー五輪ごりん前後ぜんごには、この水着みずぎ選手せんしゅたちが好記録こうきろく連発れんぱつしたことで話題わだいになりました。

 サメはだ構造こうぞうは、飛行機ひこうき技術ぎじゅつ改良かいりょうにもかされています。空気くうきながれをととのえるみぞ機体きたい表面ひょうめんけることで、空気くうき抵抗ていこうらす研究けんきゅうすすんでいます。飛行機ひこうき空気くうきちゅうはや移動いどうできるようになれば、燃料ねんりょう節約せつやくでき、排出はいしゅつされる二酸化にさんか炭素たんそりょうすくなくなります。わたしたちが直面ちょくめんしている環境かんきょう問題もんだい改善かいぜんにもつながります。

 みなさんのまわりにいる生物せいぶつ姿すがたうごきを観察かんさつしてみてください。もしかしたら、未来みらいらしをえる、おもいもよらないような科学技術かがくぎじゅつかくされているかもしれません。

(5-Daysこども文化ぶんか科学館かがくかん学芸員がくげいいん小出こいで美由紀みゆき)

※2021年9月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より