日本人にほんじんはつ宇宙うちゅう飛行ひこう

 2021年は、人類じんるいはつ有人ゆうじん宇宙うちゅう飛行ひこう成功せいこうから60年という節目ふしめとしです。

 1961年4月12日、ソビエト連邦れんぽう(いまのロシア)が、1人の地球人ちきゅうじん宇宙うちゅうおくみました。そのひとは、ユーリー・ガガーリン。かれは、宇宙船うちゅうせん「ボストーク1ごう」にみ、地球ちきゅうを1しゅうして、2時間じかんじゃくもどってきました。

 当時とうじのソビエト連邦れんぽうは、宇宙うちゅう開発かいはつにおいてトップをはしっていて、1957年に人工じんこう衛星えいせい宇宙うちゅうおくったのも世界せかいはじめてでした。

 さて、日本にほんはというと、1950年代ねんだいにロケット研究けんきゅううぶごえがり、鉛筆えんぴつより一回ひとまわおおきいサイズのロケットを水平すいへいばして基礎きそデータをるという段階だんかいでした。1960年代ねんだい宇宙うちゅうまでぶロケットを開発かいはつしましたが、人間にんげんどころか人工じんこう衛星えいせい搭載とうさいするまでにもいたりませんでした。

 日本にほんはつ人工じんこう衛星えいせい「おおすみ」を宇宙うちゅうおくったのは1970年のことです。そのあとおおきく飛躍ひやくし、天体てんたい観測かんそくしょう惑星わくせい探査たんさなどの分野ぶんや世界せかいのトップにならんでいます。

 ここで素朴そぼく疑問ぎもんです。日本人にほんじんはじめて宇宙うちゅうったひとだれっていますか。「毛利もうりまもるさん」というこえくことがあります。たしかに、スペースシャトルでははじめてですが、日本人にほんじんはつ毛利もうりさんではありません。1986年にスペースシャトル「チャレンジャー」の爆発ばくはつ事故じこがあり、毛利もうりさんが宇宙うちゅう機会きかい大幅おおはばおくれ、1992年になりました。

 そのかれよりまえ宇宙うちゅうった日本人にほんじんは、東京とうきょうのテレビきょくTBSの記者きしゃ秋山豊寛あきやまとよひろさんです。事故じこがなければ、毛利もうりさんのほうさき宇宙うちゅうっていたかもしれません。

 

 秋山あきやまさんは1990年12月2日、宇宙うちゅう特派員とくはいんとして、当時とうじのソビエト連邦れんぽう宇宙船うちゅうせん「ソユーズ」にって宇宙うちゅうステーション「ミール」へき、12月10日に地球ちきゅうもどってきました。このあいだ宇宙うちゅうでカエルの観察かんさつ実験じっけんをしたり、ミールでの生活せいかつ様子ようすをリポートしたりしました。まさしく宇宙うちゅう特派員とくはいんですね。

 みなさんのなかからも、ちか将来しょうらい宇宙うちゅう特派員とくはいんとして活躍かつやくするひとてくるかもしれませんね。

(5-Daysこども文化ぶんか科学館かがくかん主任しゅにん学芸員がくげいいん村上むらかみさとし)

※2021年5月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より