ツァイスIがた(ZEISS Archives提供)

 地上ちじょううつくしい星空ほしぞら再現さいげんしてくれるプラネタリウム。日本にほん世界せかいトップクラスのプラネタリウム大国たいこくです。国内こくないには300施設しせつ以上いじょうのプラネタリウムがあります。

 では、世界せかいはじめてプラネタリウムをつくったくにはどこでしょうか。こたえはヨーロッパのドイツです。1923年、中部ちゅうぶ都市としイエナにある光学こうがく機器ききメーカーのカールツァイスしゃが、投影機とうえいき「ツァイスIかた」を開発かいはつしました。ミュンヘンにある、国内こくないすぐれた産業さんぎょう技術ぎじゅつ自然しぜん科学かがくあつめるドイツ博物館はくぶつかんから依頼いらいけて製作せいさくしたものです。

ツァイスIがた(ZEISS Archives提供)

 とげとげしい球体きゅうたい五角形ごかくけい六角形ろっかくけいわせた32面体めんたいになっています。えんすいの頂点ちょうてんにはレンズがはめられており、星空ほしぞらを32分割ぶんかつして、直径ちょっけい10メートルのドームに4500恒星こうせいうつすことができました。筒型つつがた装置そうち惑星わくせいだなといって、惑星わくせいうごきを再現さいげんできる円盤えんばんがおさめられています。ほかに星座せいざめいあまがわ太陽たいようつきけも表現ひょうげんできました。

 しかし、ツァイスIかたには問題点もんだいてんもありました。緯度いどえることができなかったため、ドイツ(とおな緯度いど)の星空ほしぞらしかうつすことができなかったのです。その技術ぎじゅつ改良かいりょうかさねられ、世界せかいじゅう星空ほしぞら再現さいげんできるようになりました。ツァイスIかたは1925年から40年ちかくドイツ博物館はくぶつかん使用しようされ、現役げんえきえた現在げんざい館内かんない展示てんじされています。

 プラネタリウムの生誕せいたんイエナには、現存げんそんするなかでは世界せかいでもっともふるいプラネタリウムドームがあります。1926年に完成かんせいした建物たてもの歴史的れきしてき建造物けんぞうぶつ指定していされるほどふるいものの、館内かんない最新さいしん機械きかい使つかわれていて、いまおとずれる人々ひとびと星空ほしぞら世界せかいへいざなっています。

 ところで、こども文化ぶんか科学館かがくかんのプラネタリウムは、40年以上いじょう使つかっていますが、まだまだ現役げんえき頑張がんばっています。うつせる恒星こうせいかずは1まん6千個せんこになりました。機械きかいかたちは、今回こんかい紹介しょうかいしたツァイスIかたとはまったちがうので、ぜひてくださいね。

(5-Daysこども文化ぶんか科学館かがくかん学芸員がくげいいん小出こいで美由紀みゆき)

※2020年7月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より