広島県東広島市の国道2号であおり運転をしたとして、道交法違反(あおり運転)の罪に問われた同県府中町宮の町1丁目、無職山本知範被告(44)の公判が26日、広島地裁であった。山本被告は起訴内容を認めた。