空気くうきんだ場所ばしょくと、そらにたくさんの星々ほしぼしることができます。その星々ほしぼしひろ宇宙うちゅうにあり、わたしたちがんでいる地球ちきゅう宇宙うちゅうなかひとつです。では、みなさんはこの宇宙うちゅう年齢ねんれいっていますか。およそ138おくさいといわれています。つまり宇宙うちゅうまれ、およそ138おくねんという時間じかんぎたのです。

 宇宙うちゅうまれて以来いらい、ずっとおなおおきさだったわけではありません。宇宙うちゅうはビッグバンという大爆発だいばくはつからまれ、ふくらみ、いまおおきさになったとかんがえられています。そしていまもふくらみつづけています。この証拠しょうこつかったのは20世紀せいきはいってからしばらくのこと。まだ100年もたっていないのです。

アメリカの天文てんもん学者がくしゃハッブル

 つけたひとはアメリカの天文てんもん学者がくしゃエドウィン・ハッブル(1889~1953年)です。1929年に発表はっぴょうしました。

 かれは、ほしだい集団しゅうだんである銀河ぎんがとおくにあればあるほど、はや速度そくどわたしたちからとおざかっていることを発見はっけんしました。とおざかる速度そくどが、地球ちきゅうとその銀河ぎんがまでの距離きょり比例ひれいしていることを「ハッブルの法則ほうそく」とびます。この法則ほうそく宇宙うちゅうがふくらみつづけている証拠しょうことなり、宇宙うちゅうがビッグバンからまれたとする「ビッグバン理論りろん」につながっていったのです。

ベルギーの天文てんもん学者がくしゃルメートル

 ところがれきをひもとくと、ハッブルよりさき宇宙うちゅうがふくらんでいることをつけたひとがいたのです。

 ベルギーの天文てんもん学者がくしゃジョルジュ・ルメートル(1894~1966年)です。ハッブルより2年はやく、1927年に発表はっぴょうしていました。けれどもルメートルは、あまりひとられていない雑誌ざっしにフランス発表はっぴょうしたことにより、注目ちゅうもくされなかったようです。

 そして、最近さいきんになってこの事実じじつひかりたりました。世界せかい天文てんもん学者がくしゃあつまりである国際こくさい天文学てんもんがく連合れんごう(IAU)は2018年10月、ルメートルの功績こうせきをたたえて「ハッブルの法則ほうそく」を「ハッブル・ルメートルの法則ほうそく」とぶことをひとにすすめましょうとめました。

 このように、科学かがく世界せかいでもその歴史れきしくわしく調しらべてみると、意外いがい事実じじつてくることがあります。みなさんも、科学かがくにふれるときはその歴史れきしにも興味きょうみってもらうと、べつ側面そくめんえてきておもしろいですよ。

(5-Daysこども文化ぶんか科学館かがくかん学芸員がくげいいん村上むらかみさとし)

※2019年3月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より