自宅の縁側に座り、選挙について語る優輝さん㊧と洋治さん(撮影・井上貴博)

 地方の政治はぴんとこないが、投票はすんなりできた。広島県神石高原町で生まれ育った後藤優輝さん(18)は、3月27日投開票の県議補選府中市・神石郡選挙区で初めて地方選の1票を投じた。1議席を争った2人の候補者の訴えを詳しく知らない。それでも両親と投票所に出向いた。