走られるのでは、という疑い。快調だった遠藤のテンポがおかしくなったのは、02の六回無死一塁である。足が速くない走者、高橋周の動きをやけに気にする。けん制球を3度も続けた後に打者へ投じた1球は、この日初のすっぽ抜けで死球。突然の指先の狂いが追加点につながった。