毎日まいにち生活せいかつかせないもののひとつとして、電気でんきがありますね。これがないとテレビをたり、ゲームであそんだりすることもできません。みなさんは、「電気でんきはどうやってつくられるのか」ということをかんがえたことがありますか。仕組しくみについてかんがえてみましょう。

 冷蔵れいぞうやクーラーを使つかえるほどの電気でんきをつくろうとすると大変たいへんですが、すこしの電気でんきであれば、じつ電線でんせんをぐるぐるいたコイルと磁石じしゃくがあればつくることができます。

 のようにコイルのちかくで磁石じしゃくをすばやくうごかすだけで、なんと電気でんきができるのです。このようにして電気でんきをつくりすことを最初さいしょ発見はっけんしたのは、イギリスの科学者かがくしゃファラデーです。いまから200年ちかまえの、1831年のことでした。

 

 そのあと、この原理げんり利用りようしてより効率的こうりつてき発電はつでんさせるために、のように磁石じしゃく回転かいてんさせる仕組しくみがかんがされました。現在げんざいおおくの発電機はつでんき使用しようされているのがこの方式ほうしきです。身近みぢかなところでは、自転車じてんしゃのライトの発電機はつでんき使つかわれているので、この方式ほうしき発電はつでんしたことがあるひとおおいかもしれませんね。

 わたしたちが家庭かてい使つかっている電気でんき一般的いっぱんてきに、電力でんりょく会社がいしゃからおくられてきたものです。その電気でんきのほとんどは、磁石じしゃくをいろいろな方法ほうほう回転かいてんさせて発電はつでんしたものです。

 たとえば、水力すいりょく発電はつでんはダムなどでせきめたみずたかいところからひくいところへとし、そのちるときちから利用りようしてすいしゃまわして電気でんきをつくります。

 火力かりょく発電はつでんでは重油じゅうゆ液化えきか天然てんねんガスなどの燃料ねんりょうやして、原子力げんしりょく発電はつでんではウランなどの核分裂かくぶんれつにより発生はっせいしたねつ利用りようして、それぞれみず沸騰ふっとうさせて蒸気じょうきをつくり、その蒸気じょうきちから羽根はねぐるま回転かいてんさせて電気でんきをつくりしています。そのほかにも電気でんきのつくりかたはさまざまあるので、みなさんも調しらべてみてください。

(広島市ひろしましこども文化ぶんか科学館かがくかん矢野やの宏和ひろかず)

※2016年3月ちゅーピー子ども新聞掲載記事より