太陽光発電所の壊れた太陽光パネル(手前)

 カラスがとしたとみられるいしで、たいようこうはつでんしょひろしまけんおおさきかみじまちょう)のたいようこうパネルがこわれるがいあいいでいます。んでくるようしゅうせいなどから、カラスが「はんにん」ののうせいたかいとせんもんてきしています。

 はつでんしょにはパネルやく5まん6せんまいならんでいます。しきはフェンスでかこまれ、かんけいしゃがいはいれません。

 しゅざいのためしゃ3月、はつでんしょはいりました。すると、ひょうめんのカバーガラスがひびれたパネルがところどころにありました。ちかくのめんで、められたいしとはちがいしつかりました。はつでんしょきたがわやまではカラスのれをかくにんできました。

 はつでんぎょうしゃとのれんらくまどぐちつとめるかいしゃによると、2015年からまいとし10~50まいえるがいがあり、ふゆしゅうちゅうしています。

 「カラスはか」としてられる都宮つのみやだいめいきょうじゅすぎしょうえいさんは、ものをくわえてとすカラスのしゅうせいちゅうもくしています。

 カラスは、いしとすおこないを「あそび」にしているのではとてきします。ぶつかるおとたのしんでいることもかんがえられるそうです。

 パネルのがいおおふゆは、れをつくるかさなるとし、「1はじめたこうどうほかたいがまねて、しゅうだんあそびとしてがれているのうせいがある」とぶんせきしています。