紙芝居の練習をする小屋浦小の5年生

 ひろしまけんさかちょううらしょう5ねんせいが、かみしば「あののできごと~へいせい30年7月ごうさいがい」をつくりました。2018年の西にしほんごうおくかたりつぐためです。4月30日、5ねんせいさかちょうさいがいでんしょうホールのかいかんしきはっぴょうしました。

 かみしばは11ページです。とう1ねんせいだったどう8にんいたさいたいけんをもとに、5にんぞくごうがいにあうはなしにしました。

 けいたいでんきんきゅうメールがなんり、ドッカーンというおととともにていでんし、くらたくゆかうえまでみずせてきたようえがいています。

 しゃをいくらかきしても、なかなかわらなかったふっきゅうぎょうや、こころづよかったボランティアのふっこうつだいもはなしなかりこんでいます。

 さいに、「だいもの2かいく」「なんバッグをようしておく」といったどうかんがえたそなえをれました。

 うらでは、西にしほんごうせきりゅうあいいではっせいしました。たいりょうしゃりゅうぼく、とてもおおきないしかわしゅうらくながれこみました。15にんくなり、1ひとゆくかっていません。

 どうさくねん、「そうごうてきがくしゅうかん」のなかで、さいがいについてぶんたちにできることをそうだんし、かみしばづくりをめました。さくねん6月からとし3まつまでかけてつくりました。