私事を書く。九州大の硬式野球部2年だった1999年春、九州共立大の仲里清監督から教えを受ける機会に恵まれた。練習試合で大敗した後だった。弱小チームのわれわれに優しく語りかけてくれた。「野球にミスはつきもの。大事なのはカバリング」。同年の秋、明治神宮大会を制した仲里監督の言葉は納得感が増した。